地方出身者の婚活は不利なのか?

私のような地方出身者に立ち塞がる壁

婚活を始めたけれど、、 : 私のような地方出身者に立ち塞がる壁 : 肝心なのはフィーリング

こんな風に仮にインターネットを使っていても、婚活のやりやすさに極度の変化は感じませんでした。
逆に痛感したのが、私のような地方出身者に立ち塞がる壁です。
例えば全国で指定をして異性を探せば山のようにヒットしても、自分の住んでいる県に限定して検索すると異性があまりいません。
都会で人が密集している場所ほど婚活希望者も多く、結果的に成婚率が上がるわけです。
近場にいる異性が少なくなると、同時に求めるハードルも下げざるを得なくなります。
男性目線では容姿や年齢など、どうせなら性格以外にもこだわりたい要素があるはずです。
ただ理想を高くすればするほど都会との差は開く一方で、自らの出会いの可能性も下げていくのは歯痒いとしか言えません。
以上のような経験から、余程フットワークが軽くない限り地方出身者は不利なのだと感じました。
特にある程度年齢を重ねてくると、特定の場所に根付いた生活をします。
簡単には連休も取れず有り余る活力があるわけでもなく、そんな状態で定期的に遠距離恋愛を育むのは無理なのです。
片や都会であれば、少し電車に乗るだけで簡単に会えるような異性がすぐ見つかります。
パーティーやコンパ形式の婚活イベントも豊富ですし、インターネットに頼ることさえしなくてもいいかもしれません。